おまとめローンで借りるに適する、低金利の銀行カードローンをしっかりと比較しましょう。

審査は受けてみないとわからない

カードローンの手続き上での心配事の1つは審査です。特に初めてのカードローンの場合、自分が審査に通るかどうかを想像するのはとても難しいです。

審査に通るかどうかをカード会社に聞いてみても、受けてみないとわからないという回答が返ってくるでしょう。実際に受けてみるまで、審査結果を保証できないのは、どのカード会社でも同じです。

審査はカード会社だけで行うものではなく、信用情報機関の情報なども参考に判断されます。信用情報機関は、クレジットや割賦契約に関する借入れや返済の履歴を登録している機関です。ここの情報も加味して、加えて申告情報に虚偽がないかも確認して、初めて審査結果が出ます。

  • 割賦契約について

代金を何回かに分けて支払うこと。また、そういう支払い方法。月賦・年賦の類。分割払い
引用元:割賦(カップ)とは - コトバンク

審査を受けて失うものがある

では審査を試しに受けてみようとなれば話は早いのですが、実際問題、審査はそんなに気軽に受けるべきものではありません。

審査を受ける時には、信用情報機関に情報の照会を行いますが、その時にカードローンの審査を申込んだという記録も登録されてしまいます。もしも審査を試して駄目だった場合には、自分の信用情報に傷が付くのです。

また、審査を受けるには免許証を提出し、様々な個人情報を申告しなくてはいけません。時間もかかりますし、場合によっては住民票や源泉徴収票など、必要な書類の手配に手間がかかる場合もあります。信用情報も手間もかかるので、手軽に受けてみるというわけにもいかないのです。

  • CICが保有する信用情報について

申込情報
クレジットやローンの新規申込みにおける支払能力を調査するため、加盟会員が照会した事実を表す情報
引用元:CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC

お試し審査という制度

受けてみないとわからないけど、審査には手間もかかります。落ちてしまえばその記録が信用情報として記録されてしまいます。それらの問題を解決する方法が1つあります。それがお試し審査という制度です。お試し審査の他に、簡易審査など、呼び方は変わりますが意味は同じです。

お試し審査では、最低限の情報だけ入力して、申込みが可能かどうかを即時に回答してくれます。例えば年収と現在の借入れ件数、借入れ希望金額などの情報を入力して、融資できそうかどうかを診断してもらえるのです。

あくまでお試しで目安を確認する程度

本番の審査と違い、結果を保証するものではないので、あくまで目安の1つにしかならないのですが、お試し審査にはいくつかのメリットがあります。

書類不要で試せるので、手間が全くかかりません。その上スピーディなので、すぐに傾向を調べられるというメリットがあります。お試し審査自体はカード会社の公式ホームページなどからすぐに行えます。

また、個人情報としての名前や住所などを入力する必要がないので、信用情報に何の影響も出ません。それどころか、カード会社側にも自分の情報を知られる心配がないので、ノーリスクで試せる審査なのです。

  • お試し審査や診断について

4項目の選択でおすすめのカードローンを診断!あなたに合うカードローンが簡単に見付かります。
引用元:おすすめカードローン簡単診断|消費者金融や銀行の比較をするならカードローンタイム

トップへ戻る