おまとめローンで借りるに適する、低金利の銀行カードローンをしっかりと比較しましょう。

人生の節目に整理したいもの

結婚前に整理しておきたいものの1つにカードローンなどの借金があります。特に恋人に秘密で利用していた場合、収入が合算される結婚前に区切りを付けておきたいものです。

ですが、現実問題まとまった残債を一気に返すのは困難なケースの方が多いでしょう。正直に話すべきか、こっそり返済していくべきか、悩む前にするべきは、現在の借入れ状況の確認です。

返済できるのかの確認

まずは冷静に、すぐに完済できる金額なのかどうかを考えます。親に頼み込むなどで完済が可能であれば、完済しておいた方がいいでしょう。

厳しい言い方になりますが、結婚後に借金が発覚して許されるケースは少ないです。どんな形であれ、カードローンの整理ができるのであれば、手を売っておいた方がいいでしょう。

問題は金額が大きくてすぐに完済が難しい場合です。結婚前後というのは何かとお金が掛かります。いまの仕事を続けていけるかどうかの問題もあります。これから自分の稼ぎで返済していけるかどうかを冷静に考える必要があります。

返済可能かの判断材料

返済できるかどうかについては、2つの点について考える必要があります。普通残債の総額に目が行ってしまいがちですが、毎月の返済の中で元金がどれ位減っているのかを見る方も重要です。

例えば残債が200万円など高額な場合、毎月の返済のほとんどが利息に充てられているケースが多いです。残債が大きくなり返済がきつくなると、返済額が最低になり、元金がほとんど減っていないケースが多いです。この場合、自分の力でどれだけ頑張っても、完済までかなりの時間がかかります。

少し話がそれますが住宅ローンの場合には年間の返済可能額は25%以内が良いとされているように、金額によっても変わりますがそれよりも重要なのは収入と残債のバランスです。

  • 住宅ローンの返済可能額

一般に税込み年収に占める住宅ローンの年間返済額は、25%以内におさめるとよいといわれています。仮に税込み年収が400万円の場合は、年間返済額は100万円以内が妥当ということになります。
引用元:住宅ローンの「返済可能額」を算出する | 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】

返済できない時には

どう考えても内緒で返済していくのは難しい場合、心苦しくても配偶者へ相談した方がよいでしょう。借入れ金額が大きい場合、長期間で返済していくと、利息に充てられる部分が大きくなり、利息だけで100万円を超えてもおかしくありません。

配偶者に貯金があれば、そこから出してもらった方が、総額での損失は最小限に抑えられます。相手のお金をあてにするのは抵抗があるかもしれませんが、結局はその方がお互いのためにもなるのです。

どうしても必要だったお金の場合

借金の経緯については、人それぞれ事情があります。無駄遣いやギャンブルが原因での借金の場合は、今後2度とカードローンを使わないという強い意志が必要です。

ただし、例えば病気や親の都合などで、他に頼る人がいなくて仕方なくカードローンを利用するというケースもたくさんあります。どちらにせよ、誠意を見せてきちんと説明する必要があります。今後のカードローンとの付き合いについても、きちんと相手に宣言しておきましょう。

  • 借金について

たとえば、夫婦の一方が多額の借金を繰り返し、その返済のために生活費が不足し、生活が困窮するような事態になった場合には、離婚原因として認められる可能性が高いと言えるでしょう。
引用元:多額の借金は離婚理由になる?

安心して借りられるカードローンを使う

借金をするとしてもカードローンでお金を借りるとしても、重要なのは安心して借りられるかどうかです。安心して借りられるカードローンなら困ったときでも相談ができ、何かと便利で安心です。

そのためには大手の信頼ができるカードローンを利用すべきで、プロミスなどのTVCMでも見かける有名なところであればお金に困ったときも、返済で何か相談をしたいときも気軽に連絡ができます。

プロミスは一部の地域であれば店舗の設置もあるので、関東圏だけに限らず店舗がある地域にお住まいの方はプロミスの店舗での相談も考えておくと、今後のカードローン利用においても安心ができることでしょう。

  • プロミスの店舗設置例

プロミスはネット申し込み後の那覇お客様サービスプラザでの契約手続きで、最短即日のキャッシング利用も可能となっています。
引用元:那覇お客様サービスプラザ|プロミスの即日キャッシング|最短30分審査はこちら

トップへ戻る