おまとめローンで借りるに適する、低金利の銀行カードローンをしっかりと比較しましょう。

おまとめローンの審査申し込み前に

多くのキャッシングやクレジットローンの一本化で借りるおまとめローンは、申し込み前にいくつか確認をしたい点があります。知らずに申し込みをしても審査に通らず、おまとめローンの利用が出来ない可能性もあるためです。

基本となる収入を得ている、安定して所得を得るだけの仕事をしているなどは、ここでは省きます。おまとめローンを利用するなら、それらは言うまでも無く必須となります。

返済状況には注意をしたい

おまとめローンは一種の借り換えとも言える借り方となり、借金の一つでもあります。お金を借りるわけなので、当然ながら返済の必要があり、おまとめローンとして借りたお金を返済するだけの「返済能力」がなければなりません。

返済能力の有無を判断するのが審査となり、審査で重要視されるのが、他社の利用状況です。返済は遅れずに行われているか、不足入金がされていないかなどを、信用情報機関に記録されている履歴で確認がされます。

ここで問題となるのが、現時点で他社の返済が出来ていない、入金額が足りずに不足での返済となっている場合です。返済が正常に行われていないと、現在の借り入れ総額では返済能力を超えてしまっていると判断され、おまとめローン審査には通りません。

おまとめローンは返済が出来なくなった方を救済するものではなく、返済が出来ている方を対象とした、返済を楽にするための借り換えと考えておきましょう。

申し込み時点で気をつける点

その他、気をつけておきたいのが申し込みの進め方です。おまとめローンに限らずに通常のカードローン利用にも言えるのですが、複数の金融機関に同時に申し込みをするなどの「多重申し込み」だけは避けるようにしてください。

いくつものおまとめ対応のカードローンに申し込みをすれば、どこか一つでも貸してくれるだろうと考えてしまい、ネットで何社も同時に審査を受ける方がいますが、結果は悲惨なもので全滅となるケースがほとんどです。

カードローンの審査はおまとめ目的でもフリーでの借り入れでも、履歴が半年間は信用情報機関に残ります。情報照会履歴として残るのですが、単純に直近の履歴が多ければ多いほど、審査ではマイナスと判断されます。

多重申し込みとなる件数の線引きは、審査を行う銀行や保証会社によっても異なります。どこで審査を受けても多重と判断されないためには、1社にのみ申し込みを行う方が安全なのです。

トップへ戻る