おまとめローンで借りるに適する、低金利の銀行カードローンをしっかりと比較しましょう。

全額がまとめられない限度額

審査の結果で決まるカードローンの限度額は、様々な要素によって上下します。大きな限度額で丸々おまとめローンとして一本化が出来る場合もあれば、一部の借り入れしかまとめられないような、希望額が満額出ない場合もあります。

もちろん丸々おまとめが出来る金額の融資となれば、金利を確認した上でおまとめローンとしての利用は前向きに検討すべきです。しかし、問題となるのは一部のおまとめしか出来ない限度額となった場合で、借りるべきか辞退すべきか、迷うところでもあります。

金利次第では一部でも有効

おまとめローンとしての利用にあたっては、どうしても全てを一つにまとめなければ意味が無いと考えてしまうものです。一部をまとめたぐらいでは効果が薄い、どうせなら全てをまとめられるカードローンで借りたいと感じますが、だからと言って他のカードローンに立て続けに審査を受けても、限度額は大きくならないばかりか審査に通らない可能性もあります。

申し込みは立て続けに行えば審査に不利になり、審査に通ったとしても現状の限度額よりも低い金額が提示されるかもしれません。これではどんどんと自身にとって不利な状況を作ってしまうので、他で借りることを考える前に、まずは一部のおまとめでは本当に意味が無いのかを考えるべきです。

一部に留まるおまとめだとしても、今の借り入れよりも金利が大幅に下がるのであれば、言うまでもなく有効なおまとめローンとなります。一部でも金利が下がれば利息負担が軽くなるので、利息で払うはずだった無駄なお金を、全て元金分の返済に回すことすらも可能です。

元金を減らせば更に利息が下がるのがカードローンの仕組みですので、返済がしやすい環境が作れるのであれば、一部に留まるおまとめローンでも有効となるのです。

限度額の増額で全てをまとめる

カードローンは住宅ローンや自動車ローンとは根本的に異なるので、契約中に限度額が増額される場合もあります。一部をまとめる程度しか出なかった限度額も、利用実績を積むことにより、全額がまとめられるほどの限度額となるケースも決して珍しくはありません。

全てのキャッシングローンのおまとめが出来ないとしても、金利が低下するのであれば、今後の増額を期待して一部のおまとめ利用も悪くはありません。すぐに結果を求めるのではなく、今後の返済を考えて長い目で見て一部でもおまとめを行うべきか、検討してみるとと良いでしょう。

トップへ戻る