おまとめローンで借りるに適する、低金利の銀行カードローンをしっかりと比較しましょう。

おまとめローンの目的

多くの借り入れを一本化をするだけと考えれば、おまとめローンにはデメリットはないように思えます。たしかに多くの借り入れ先で毎月ばらばらの返済日や返済金額の確認は手間となるので、一まとめにできるおまとめローンはその点だけを見ればデメリットはないと言えるでしょう。

しかし、おまとめローンの目的はそれだけではありません。借り入れ先を一つに絞ることで、返済の負担を軽減させる大きな目的もあるのです。

一つの借り入れ先から大きな金額を借りることによる金利や返済負担の低下がおまとめローンの最大の目的となるので、おまとめローン利用時には返済の負担が果たしてどれだけ減るのかを確認しなければなりません。

万能ではないおまとめローン

返済負担の軽減が大きな目的となるおまとめローンは、使い方によっては借り入れ前よりも最終的な支払い総額が増えてしまう場合があります。毎月の返済金額自体は少なくなっても、最終的な支払い総額が多くなってしまってはおまとめローンの魅力も半減です。

返済を軽くしたいとばかり考えてしまうと、おまとめ前後での毎月の返済金額ばかりを見てしまい、最終的な支払いまで気が回らない場合があります。毎月の返済が○○円少なくなるなら余裕が持てると簡単におまとめローンを選んでしまうと、返済期間がおまとめ前よりも数年延び、返済金額もおまとめ前よりも多くなるケースがあるのです。

おまとめローンは金利差があれば必ずしも最終的な支払い総額も少なくなるわけではなく、返済期間や毎月の返済金額によっては、寧ろ支払いの総額が増えてしまう場合があります。おまとめローンは返済負担のための万能な借り方と考えられがちですが、決して万能ではないのです。

返済のプランで選ぶおまとめ

おまとめローンは金利が重要なのはもちろんですが、あわせてしっかりと確認をしておきたいのが返済のプランです。どのような返済スケジュールになっているかを完済までの支払い計画で確認をし、最終的な支払い金額もおまとめ前よりも軽くなっているのかをよく見るようにしてください。

金利にしても返済のプランにしても、どちらも返済を軽くする目的があっての確認です。おまとめローンを成功させるなら、限度額によっては金利も低く返済金額も抑えられるオリックス銀行のおまとめローンを利用するなど、失敗をしない選び方で借り入れを進める必要があるのです。

トップへ戻る