おまとめローンで借りるに適する、低金利の銀行カードローンをしっかりと比較しましょう。

おまとめローンを銀行で利用

おまとめローンで借り入れを利用するなら、やはり低金利となる銀行カードローンが適しているのは言うまでもありません。複数のキャッシングやクレジットローンを一本化するおまとめローンは、金利の低下が最も重要なポイントとなり、金利が低くないおまとめローンでは利用価値も下がってしまいます。

消費者金融でもおまとめや借り換えローンの商品の提供、或いは借りたお金をそれらの目的に使うことを認めている貸金業者、サービスもありますが、金利や限度額を重視して考えるとするなら、銀行のカードローンには劣ります。

ある程度の安定した収入をお持ちの方であれば、銀行での低金利おまとめローンの検討も可能です。ただ、最初に確認をしておきたいのは、銀行のおまとめローンは収入の安定性、ある程度の所得が必要となるため、アルバイトやパートの方は申し込みを控えるべきです。

おまとめローンの申し込みで注意をすべき点を、別ページに簡単にまとめています。おまとめローン利用を考えるにあたっては基本の部分となるため、しっかりと確認をしておきましょう。

銀行カードローンのおまとめローン

おまとめローンとして銀行からの借り入れを利用する際には、カードローンでのおまとめ一本化なら利用が可能であるかを見ておかなければなりません。多くの銀行ではカードローンで借りたお金を借り換え、おまとめとしての利用にも対応をしていますが、一部の銀行カードローンでは不可としている商品もあります。

また、借り換えやおまとめローンとしての利用は不可と書かれていないとしても、銀行によっては積極的ではないところもあります。生活費などを中心とする消費性資金としての利用を中心に考えている銀行の場合では、おまとめ目的でカードローンの申し込みをしても、審査に対して不利になってしまう可能性もあるのです。

  • おまとめローンの申し込みは慎重に

おまとめ対応ではないカードローンにおまとめ目的で申し込みをしても、無駄に細かい金額の借金が増えてしまったり、そもそも審査に通らない可能性が高くなります。おまとめローンとして銀行カードローンの利用を考えている方は、まずは借りようとしている銀行の商品は、おまとめローンとしての利用が可能であるかを見ておかなければなりません。

当サイトに掲載をしている銀行のカードローンは、全ておまとめローンとのしての利用が認められている商品です。それぞれの金利や限度額、その他の商品内容で比較を行い、求める条件のカードローンでおまとめ利用をすると良いでしょう。

おまとめローンの利用に向く銀行

下に挙げる銀行のカードローンは、全て銀行でのおまとめローン利用に向く商品となります。どのカードローンも来店不要で手続きが進められ、申し込みはパソコンだけでなくスマートフォンからでも手軽に行えるので、面倒な手間をかけたくない方にも安心です。

第00位

オリックス銀行カードローン

★★★★★

限度額が上がると金利が下がる、まとまった金額を借りるおまとめ向きの商品です。

金利限度額審査時間ポイント
年3.0%~17.8%最高800万円最短即日ATM手数料無料
上限金利だけを見ると高く見えますが、金利は限度額によって段階的に変わる仕組みとなっているため、大きな金額を借りるおまとめローンとしての利用であれば、低金利での借り入れも可能です。仮に300万円の限度額でおまとめローンとして利用をするなら、適用される金利は年6.0%~12.8%となり、300万円超400万円以下まで限度額が増えると、年4.5%~8.8%の低い金利水準となります。
オリックス銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローンの良さ

オリックス銀行カードローンはおまとめローンとしての利用だけでなく、普段のカードローンとしての借り入れも大変便利です。全国に設置がされている提携ATMでの利用手数料が終日無料のため、曜日を問わずに時間外でもカードを使った借り入れ、返済が手数料無料となります。契約の際の口座開設も不要となり、所得証明も300万円まで不要なのも嬉しい点です(審査結果によっては、必要となる場合があります)。

第00位

ソニー銀行のカードローン

★★★★★

非常に低い金利が魅力で、銀行ながらも早い最短60分の審査回答にも注目です。

金利限度額審査時間ポイント
年2.5%~13.8%最高800万円最短60分最短即日対応
ソニー銀行の口座があれば最短即日融資も可能で、低金利の借り入れは審査や融資に時間がかかるとのイメージとは異なる、頼れる助かる安心の低金利おまとめ対応カードローンです。低い金利からの毎月の返済負担の小ささも魅力の一つで、おまとめ前のそれぞれの利用先への返済金額の合計と、ソニー銀行のカードローンでの毎月の返済金額では、借り入れ金額次第で大きな差が出ることも珍しくありません。
ソニー銀行のカードローン
  • ソニー銀行のカードローンの良さ

とにかく金利が低いため、おまとめローンとしての利用に向く商品です。他の銀行ではそこまで金利が低くなりにくい100万円の限度額でも金利は年9.8%となり、更に大きな金額の200万円なら年8.0%、300万円なら6.0%と、限度額に応じて金利が段階的に下がります。借りた後の返済も全国の提携ATMで利用手数料が無料で行え、借り入れに関しては回数制限こそありますが、無料で使えるために利便性の面でも優れています。

銀行カードローンを一覧で金利比較

借り入れ先 金利(年) 100万円 200万円 300万円
オリックス銀行
カードローン
3.0%~
17.8%
9.0%~
14.8%
6.0%~
12.8%
4.5%~
8.8%
(300万円超)
ソニー銀行の
カードローン
2.5%~
13.8%
9.8% 8.0% 6.0%

おまとめ対応のカードローン金利比較は、全体としての金利と、それぞれの対応する限度額での金利を掲載しています。100万円と書かれている欄は限度額が100万円の場合、200万円や300万円も同様となります。オリックス銀行カードローンについては、金利比較の関係上、300万円の欄に限り、300万円超400万円以下の適用金利となります。

金利の比較は適用利率で見る

おまとめローンで重要となる金利面の比較は、全体としての下限金利や上限金利を見てもあまり意味がありません。実際に借りる際に適用されうる金利を見ておかなければならないので、限度額や極度額によって金利が変わる商品がほとんどとなる銀行カードローンでは、適用される金利での比較をしておきましょう。

300万円までの限度額、極度額となりますが、上記の表で限度額に応じた金利の比較をしています。おまとめ目的で借りるならいくらを希望するのか、現状のそれぞれの借り入れ先の金利と比較してどの程度の軽減が期待出来るのかなど、よく確認をしておけば、おまとめローンでの失敗もしにくくなります。

また、金利だけでなく、その他のサービス面も重視をしたいのであれば、それぞれのおまとめ対応のカードローン情報を見ておきましょう。簡単な特徴ではありますが、銀行ごとに上に特徴を記載していますので、参考にしながらおまとめカードローンの選択に役立てください。

おまとめローン後の利用に注意

おまとめローン目的で銀行のカードローンに申し込みをし、無事に審査に通過、希望額を借りられて一本化が出来た後は、可能であれば今まで借りていた高い金利のキャッシングローンなどは解約をしておくと良いです。

おまとめローンを検討するほどに借金が増えている場合には、お金を借りる行為自体に抵抗がなくなっている可能性があります。おまとめによってそれぞれの借り入れ先を完済し、利用枠が出来ている状態になると、また借りてしまう方も決して少なくはないのです。

  • 返済が出来なくなれば大変なことに

せっかく低金利のカードローンでおまとめローンとして一本化をしても、今までの高い金利のところから再び借りてしまえば、それこそ借金地獄となります。こうなると返済が出来なくなり、最悪の場合には自己破産などを考えなければならない状況に陥ります。

自己破産まではいかなくても、他の任意整理などと呼ばれる債務整理手続きを行っても、信用情報機関には今後数年間、全ての債務を完済してから最長で5年は事故情報が残ります。事故情報があるうちは新規でのカードの作成が出来なくなるばかりか、様々な面でデメリットや不便を感じることとなってしまうのです。

おまとめローンは自分で考えて計画的に使えば、大変助かる頼れる借り方です。しかし、少しぐらいならとおまとめ以外で借りてしまったり、余計な用途に利用をすると、かえって借金が増えるだけで自分が苦しんでしまいます。

そうならないためにも、おまとめローンの利用後は無駄な借金をしないようにし、とにかく返済を第一に考え、より早くに完済が出来るように進めていくと良いでしょう。

おまとめローンで銀行カードローンを利用した場合には、完済をした以前のキャッシングは一切使わないようにすべきです。消費者金融の借り入れなら理想は解約をすべきですが、クレジットカードの場合にはキャッシング枠だけを外してもらうなど、自分に甘えないために簡単には借りられない状態にしておくのが良いのです。

トップへ戻る